株式会社と合同会社の比較の一覧をご用意致しました。
一つの目安として参考までにご利用ください。

項目 株式会社 合同会社
会社設立費用 24万円ほど
(ご自身で設立される場合)
10万円ほど
(ご自身で設立される場合)
経営リスク 有限責任 有限責任
社会的信用力 高い 低い
剰余金の分配方式 持株比率 自由に決定
出資分の譲渡 取締役会で承認 全社員による同意
(但し、社員間は自由)
会社の代表者 代表取締役 代表社員
役員の任期 最長10年
(定款により決定)
期限を定めない事も可能
(定款により決定)
必要役員数 取締役1名以上 業務執行社員1名以上
  • ※株式の譲渡制限がある事を前提とする。

つまり、合同会社のメリット・デメリットはこのようになります。

合同会社のメリット

低コスト

設立時の定款認証が不要。
また、登録免許税が株式会社に比べ安いためトータルの設立費用がお安くなります。
その他にも、役員の任期を定めないことが認められているため、任期ごとの商業登記の費用を節約することができます。

合同会社のデメリット

社会的信用力、認知度が劣る

合同会社の設立件数は年々増加しているとはいえ、依然として信用力や認知度では「株式会社」に劣るのが実情です。
事業拡大に伴う得意先の開拓や人員確保に多少の弊害が生じる可能性は否めません。

お問い合わせはこちら