お客様にご用意いただきます、「会社設立に必要なもの」の準備はそこまで大変ではありません。
会社設立に必要なものは、以下の通りになります。

  • ※ご覧の通り、準備に時間がかかるものはございません。
    お急ぎの方以外は、弊事務所にご依頼いただいてからの準備でも遅くはありません。

会社設立時に必要なもの

印鑑証明書

発起人(出資者)が1通。
代表取締役、または取締役が1通。
なお、発起人と代表取締役または取締役を兼ねる場合は2通必要です。

  • ※発起人が法人の場合は印鑑証明書に加えて、履歴事項全部証明書が必要です。
  • ※印鑑証明書と履歴事項証明書は、登記申請日から3ヶ月以内に発行されたものをご用意ください。

実印

発起人、代表取締役、取締役の方それぞれの個人の実印(印鑑証明書と同じ印影の印鑑)

発起人の銀行口座

資本金の払い込みに使用します。
発起人が複数いらっしゃる場合は、どなたかお一人の口座で構いません。

法人用の印鑑

印鑑は一辺の長さが1センチメートル超、3センチメートル以内のものです。
登記の際にご用意いただくのは1本となります。
しかし、実務上は銀行印、角印も必要となりますので、印鑑を作成される際は最初から3本用意しておくことをお勧めします。

合同会社設立時に必要なもの

印鑑証明書

代表社員となる方が各1通。

  • ※代表社員が法人の場合は印鑑証明書に加えて、履歴事項全部証明書が必要です。
  • ※印鑑証明書と履歴事項全部証明書は、登記申請日から3ヶ月以内に発行されたものをご用意下さい。

実印

代表者員となる方の個人の実印(印鑑証明書と同じ印影の印鑑)

代表者員の銀行口座

出資金の払い込みに使用します。
代表者員が複数いらっしゃる場合は、どなたかお一人の口座で構いません。

法人用の印鑑

印鑑は一辺の長さが1センチメートル超、3センチメートル以内のものです。
登記の際にご用意いただくのは1本となります。
しかし、実務上は銀行印、角印も必要となりますので、印鑑を作成される際は最初から3本用意しておくことをお勧めします。

お問い合わせはこちら