税理士法人 Grow Up の法人決算駆け込みプラン

なお、弊事務所の「法人決算駆け込み通常価額」は、お客様の業績や経理の状況により異なります。
お客様ごとの「法人決算駆け込み通常価額」は以下の料金規定よりご確認ください。

法人決算駆け込みプランの計算方法

年一監査報酬

税理士法人 Grow Up では、記帳が適正に行われているかの監査のため、会計帳簿と領収書や請求書等の照合確認を行っております。
なお、当事務所では「年一監査報酬」につきましては以下の3種類の記帳の方法から選択していただきます。
さらに、それらの記帳方法からお客様の「仕訳数」に該当する料を報酬とさせていただきます。

① パソコン会計

貴社で会計ソフトを使用し、現預金等の入力をしていただきます。

② 帳簿会計

出納帳や伝票、会計日記帳を用いて記帳していただきます。

③ 記帳代行

弊社で領収書等全てを預らせていただき、帳簿をつけます。

3種類の記帳方法からそれぞれの年間仕訳数の報酬額を参照

① パソコン会計

年間仕訳数 月間換算仕訳数 料金
~600 ~50 35,000
~1,200 ~100 42,000
~2,400 ~200 50,000
~3,600 ~300 56,000
3,600~ 300~ 90,000

② 帳簿会計コース

年間仕訳数 月間換算仕訳数 料金
~600 ~50 48,000
~1,200 ~100 65,000
~2,400 ~200 77,000
~3,600 ~300 90,000
3,600~ 300~ 140,000

③ 記帳代行コース

年間仕訳数 月間換算仕訳数 料金
~600 ~50 90,000
~1,200 ~100 120,000
~2,400 ~200 150,000
~3,600 ~300 180,000
3,600~ 300~ 250,000

よくある質問

仕訳数や売上高はどのように決めるのですか?

原則、実際の仕訳数と売上高としています。
仕訳数が把握できない場合は、インタビューをさせていただいた内容や、
拝見させていただく資料により概ねの仕訳数を確定させていただきます。

  • ※期の中途に相談いただいた場合は、現状の仕訳数と売上高が決算まで継続するものと仮定して決定させていただきます。
必要な資料はどのようなものがありますか?

「決算駈け込みプラン」によるお客様は、以下の資料をご用意していただきます。

  1. 過去2年分の決算書・申告書
  2. 前年度の総勘定元帳
  3. 定款、登記事項証明書
  4. 税務署に提出した届出書
  5. 固定資産台帳(減価償却明細書)
  6. 源泉徴収簿
  7. 借入金返済予定表
  8. 官公庁から送付された書類等

残りの資料は、「報酬・料金カスタムプラン」のお客様と同様です。

決算報酬

法人税等の必要書類の作成及び申告にかかる報酬です。
税理士法人 Grow Up では当期の税引前利益の額を元に決算報酬の設定を行っております。

決算申告書の作成、提出代行料はこちらです。

決算報酬

税引前利益(万円) 料金
赤字 100,000
~100 120,000
~200 140,000
~400 150,000
~600 160,000
~800 170,000
800~ 要相談

よくある質問

打ち合わせはどれくらいありますか?

お会いしての打合せは、基本的には作業前の打合せと、申告後の報告の2回になります。
ただし、不明な点の質問や、追加資料を送っていただく事もございます。
その場合は、電話やFAX、またはメールにより打ち合わせをさせていただきますのでご了承下さい。

決算の説明はしていただけますか?

当事務所では、決算書を提出する前に、お客様に一度決算書の内容と税額をご報告いたします。
そして、お客様に了承をいただいてから提出いたしますので、ご安心ください。

消費税申告報酬

消費税の課税事業者の場合における必要書類の作成及び申告にかかる報酬です。

消費税申告書の作成、提出代行料はこちらです。

消費税申告報酬

区分 料金
簡易 24,000
原則 30,000

よくある質問

原則課税、簡易課税とは何ですか?

<原則課税>
原則課税方式とは消費税の基本的な申告方法です。
お客様の売上に係る消費税額から仕入や経費に係る消費税額を差し引いた金額を国に納める方式です。

<簡易課税>
簡易課税方式とは中小企業の事務負担等の軽減を目的として導入された方式ですので、簡便な方法で消費税額の計算を行います。
計算方法は業種毎の「みなし仕入率」を用います。
具体的には以下の通りです。
(売上高-売上高×「みなし仕入率」)×消費税率=納付税額

  • ※簡易課税は基準期間(前々期)の売上高が5,000万円以下の事業者のみが選択により適用されます。
  • ※簡易課税を1度選択した場合、必ず2年間は継続する必要があります。
原則課税と簡易課税はどちらがお得ですか?

原則課税と簡易課税のどちらが得になるかは一概には言えません。
何故なら、お客様の状況や今後の展開によって異なるからです。
しかし、原則課税または簡易課税の選択届けは、消費税の課税期間開始前に税務署へ提出する必要があります。
将来後悔しないためにも、税務署に届出を提出する前に、前もってある程度の予測を立てる必要があります。

当事務所では、「早い段階の対策力」を強みとしています。
「経営計画書」の作成により、どちらが得かをシミュレートし、お客様にお伝えするなど、万全の体制でサポート致しますのでご安心下さい。

決算駆け込みプランシミュレーション

こちらのフォームよりお客様の経理の状況や業績を選択して下さい。
お客様の大まかな決算駆け込みプランによる報酬額をシミュレーション致します。

決算駆け込みプランに関するお問い合わせ

サービス内容や料金等についてご不明な点や疑問がございましたらご連絡下さい。

24時間対応メールフォームは下のバナーから

お問い合わせはこちら